ニュースリリース

2023年

ニュースリリース

広島県内で水道施設を活用したデマンドレスポンスを実施します

2023年2月2日
電源開発株式会社
株式会社水みらい広島

電源開発株式会社(以下「Jパワー」、本社:東京都中央区、代表取締役社長 社長執行役員:渡部 肇史)は、株式会社水みらい広島(以下「水みらい広島」、本社:広島市中区、代表取締役社長:三島 浩二)と連携して、電力需給の逼迫する夏季及び冬季において、水みらい広島が指定管理する広島県内4ヶ所の水道施設におけるデマンドレスポンス※1を2023年度より実施します。

今回実施するデマンドレスポンスは、2023年度の夏季及び冬季に予想される電力需給逼迫時に、水みらい広島が指定管理する広島県内4ヶ所の水道施設の各送水ポンプを停止することで、水道施設の電力需要を一時的に抑制しネガワット※2を供出するものです。
Jパワーは、アグリゲーター※3として、水みらい広島が供出するネガワットとJパワーが別途供出するネガワットをまとめて、電力需給逼迫時の調整力として運用します。水みらい広島は、広島県の水道用水を安定的に供給し続けることを最優先とし、適切な対策を講じた上でデマンドレスポンスを実施します。
これにより、電力需要逼迫時の火力発電所の焚き増しを抑え、地球温暖化防止に役立つ効果を狙いとしています。また、設備導入等の新たなコストをかけることなく、運用の工夫によって地球温暖化防止に貢献できる本取り組みは、他の自治体でも着手しやすい施策の一つであると考えています。

Jパワーは今後も、2021年2月にJ-POWER "BLUE MISSION 2050"で掲げたカーボンニュートラルの実現に挑戦していきます。

デマンドレスポンスの流れ

デマンドレスポンスの流れ

  1. デマンドレスポンス...電力需給逼迫時の需給バランスを調整するために、需要家側の電力消費量を変化させること。
  2. ネガワット...需要家の節約により余剰となった電力を、発電したことと同等にみなした場合の電力量。
  3. アグリゲーター...デマンドレスポンスにおいて、電力会社と需要者の間に立って需給バランスをコントロールする事業者のこと。

≪取り組み概要≫
Jパワーと水みらい広島が連携し、電力需給が逼迫し電力不足が予想されるピーク時間帯に、以下の4ヶ所の水道施設の送水ポンプを停止し、別の時間に稼働を変更する運用を行います。

実施場所 本郷浄水場、宮浦浄水場、坊士浄水場、更地加圧ポンプ所
供出電力 4施設合計で最大710kW
2023年度実施期間 【夏季】2023年7月1日~2023年9月30日
【冬季】2023年12月1日~2024年2月28日

以上

添付書類

本文(PDF:199KB)

Page Top
CLOSE