カーボンニュートラルと水素社会の実現

青く美しい地球、
そこに暮らす70億を超える
人類の未来のために。

カーボンニュートラルと
水素社会の実現に
貢献していきます。

私たちJ-POWERグループは、
気候変動問題への取組みを加速するべく、
J-POWER “BLUE MISSION 2050”
策定しました。
再⽣可能エネルギーをはじめとした
CO2フリー電源の拡⼤や、
CO2フリー⽔素の取り組みに、
総⼒を挙げて挑戦していきます。

Road to 2050

2030年にCO2排出40%削減、
2050年に発電事業の
CO2排出実質ゼロを目指して。

ロードマップ

※1:J-POWERグループ国内発電事業2017〜2019年度3か年平均実績⽐
※2:電⼒ネットワークの増強は電源開発送変電ネットワーク(株)(J-POWER送変電)の取組みです。
※3:アンモニアから水素を取り出して発電する利用形態も含みます。

Concept

BLUE MISSION 2050
3つの柱

“加速性”“アップサイクル”
プライオリティとして、
カーボンニュートラルと水素社会の実現に
着実に取り組んでいきます。

加速性

国内外で再生可能エネルギーの拡大を加速していきます。加えて、揚水発電や水素発電など調整力となる電源、電力ネットワークの安定化にも取り組むことで、日本全体の再生可能エネルギー拡大を後押しします。

アップサイクル

今ある発電所の設備に最新技術を付加して価値を高める「アップサイクル」により、早期にかつ経済的にCO2を削減します。

News / Press Releases

最新情報・関連プレスリリース

PR and Advertising Information

メディア掲載・広告情報