ニュースリリース

2021年

ニュースリリース

JパワーとKDDI共同で、全国約40カ所の電力設備のドローン点検実証を実施

2021年11月18日
電源開発株式会社
KDDI株式会社

電源開発株式会社(以下、Jパワー、本社:東京都中央区、代表取締役社長 社長執行役員:渡部 肇史)とKDDI株式会社(以下、KDDI、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠)(JパワーとKDDIとを合わせて以下、両社)は、全国に所在するJパワー保有設備のドローン点検実証を、水力発電設備約40カ所を皮切りに、2021年11月1日から順次実施しています。ダム・配電線・建屋等の電力関連設備をドローンで撮影、三次元モデル化し、設備異常の自動検出や経年劣化状況の解析といった技術を用いて、作業効率化、既存の点検作業との精度の比較や代替可能性等を検証します。

なお、JパワーはKDDIの協力の下、2021年8月に設備点検でのドローン活用を推進する総合窓口(以下、本窓口)をJパワー社内に設置しています。今回の全国点検実証後も、本窓口を通じてJパワーの電力設備点検技術と、KDDIのドローン飛行・運用技術を組み合わせ、水力発電・火力発電・風力発電等の電力設備のドローン点検への取組みを推進していきます。

実証で撮影したデータから三次元モデル化した例:糠平発電所<実証で撮影したデータから三次元モデル化した例:糠平発電所>

Jパワーは、これまで電力設備点検の安全性向上や作業時間・コストの削減に向け、送電線・架空地線自律撮影技術を使った送電設備点検ドローンの技術開発等、ドローン利活用推進に取組んできました。その取組みの中で、2020年9月からKDDIと共同で、風力発電設備においてドローンのオートフライト機能(自動航行機能)を活用したブレード(風車の翼部分)点検実証を実施し、点検時間を従来の10分の1程度に短縮することに成功しました。2021年5月からは、67基の風力発電設備を対象にオートフライト機能を活用したドローンによるブレード点検を開始し、全て完了しています。

KDDIは、ドローンが日常生活を支えるインフラとして、物流・監視・農業等の様々な分野で活躍する社会の実現に向け、4G LTE等のモバイル通信でドローンを遠隔制御し、安全な長距離飛行を実現するスマートドローンプラットフォームを開発・提供しています。
・スマートドローンホームページ(http://smartdrone.kddi.com/

両社は今後も、ドローンによる電力設備点検等を通じた協力関係の下、様々な解決策を提案し続けると共に、一層の電力設備の保守高度化・効率化に資する取組みを推進していきます。

詳細は別紙をご参照ください。

                           

以上

添付書類

本文(PDF:836KB)

別紙:電力設備のドローン点検実証について(PDF:691KB)

Page Top
CLOSE