展示施設・発電所開放イベント情報

若松総合事業所

若松総合事業所

所在地・概要

〒808-0111
福岡県北九州市若松区柳崎町1
電話:093-741-0931

アクセス
【公共交通機関利用の場合】
JR折尾駅下車 → 北九州市営バス(二島行き、第一二島乗り換え、若松渡場または若松営業所行き、Jパワー電源開発下車)約50分

【自家用車利用の場合】
JR鹿児島本線「折尾駅」から車で約20分
駐車場:約400台
若松総合事業所/若松研究所

若松総合事業所/若松研究所は昭和30年代に運転開始したJ-POWER初の石炭火力発電所(1989年に営業運転終了)を前身としています。現在では、石炭利用を中心とした技術開発や、火力発電所の運転に携わる人材の育成、あるいは様々な新しい取り組みの拠点として重要な役割を果たしています。

昨年までは、石炭をよりクリーンで高度に利用するために、石炭をガス化して従来より発電効率を大きく向上させる石炭ガス化複合発電技術(IGCC)「EAGLE」プロジェクトの研究開発に取り組んでいました。同プロジェクトでは、IGCCにCO2分離回収技術を組み合わせる研究も実施してきました。
微細藻類によるグリーンオイルの一貫生産の研究を行っています。
陸上風力発電所による所内電力の再生エネルギー化に取り組んでおります。
また、全国にある石炭火力発電所の運転員を対象に実機を模したシミュレータを使った研修を行っています。
更に、石炭火力発電所から発生する石炭灰の埋立、敷地造成事業も行っており、造成された土地を利用して、トマト生産(カゴメ(株)との共同事業)や大型太陽光発電所のフィールド試験を行っています。

敷地面積
約810,000m2
主な事業
石炭灰の埋め立て事業
火力技術研修
石炭ガス化技術の開発等の研究 等
イベント開催日時
2019年10月27日(日)10:00~15:00
※2019年度のイベントは終了しました。たくさんのご来場、ありがとうございました。
イベント名
「いきいき若松2019」
概要
屋台、縁日、ステージショー、構内見学、シミュレータ体験、餅ひろい、移動動物園、ポニー乗馬体験、インモーション体験ほか
イベントのようす
お問い合わせ先
若松総合事業所 総務グループ(電話:093-741-0931)

Page Top
CLOSE