ニュースリリース

2014年

ニュースリリース

橘湾火力発電所2号機の発電停止および松浦火力発電所2号機の仮復旧について

平成26年8月6日
電源開発株式会社

当社 橘湾火力発電所2号機(所在地:徳島県阿南市、定格出力:105万kW)は、定格出力運転中に、ボイラへの補給水量が増加していることを確認しました。その後、運転状況を監視しながら調査・確認をしておりましたが、ボイラ蒸気漏れの疑いがあることから、点検、補修が必要と判断し、本日2時50分に発電を停止しました。

現在、ボイラ内部の点検を実施中ですが、その結果を踏まえ、補修作業等、必要な対策を講じ、復旧の見込みは現時点で8月18日を予定しております。

(参考)橘湾火力発電所の概要

場所

徳島県阿南市橘町小勝3番地

燃料

石炭

出力

210万kW
(1号機:105万kW、2号機:105万kW)

運転開始年月

平成12年 7月  1号機営業運転開始
平成12年12月  2号機営業運転開始

なお、当社松浦火力発電所2号機(所在地:長崎県松浦市、定格出力100万kW)につきましては、低圧タービンロータが損傷する事故が発生し(平成26年3月28日お知らせ済み)、8月中旬を目途に部分負荷(出力40万kW程度)での仮復旧を進めておりましたが(平成26年5月29日お知らせ済み)、現在、試運転による設備の最終確認を行っており、本日中の運転再開を予定しております。

以上

添付書類

本文(PDF:126KB)

Page Top
CLOSE