ニュースリリース

2014年

ニュースリリース

松浦火力発電所2号機での定期点検中の事故(第3報)および業績予想の修正について

平成26年5月29日
会社名 電源開発株式会社
代表者名 代表取締役社長 北村 雅良
(コード:9513、東証第一部)
問合せ先 秘書広報部広報室 課長 北風 正男
(TEL.03-3546-2211)

当社の松浦火力発電所2号機(以下「松浦2号機」)での低圧タービンロータ落下事故の復旧計画、およびこれを踏まえた業績予想の修正についてお知らせいたします。

1.復旧計画について

平成26年3月28日に、定期点検中の松浦2号機(出力100万kW)の低圧タービンロータが落下し損傷する事故がありました(第1報お知らせ済み※1)。

以降、事故原因の特定を進めるとともに、早期の発電再開に向け、損傷した低圧タービンロータの検査、低圧タービンロータの新規製作、および部分負荷での仮復旧の検討を行ってきました(第2報お知らせ済み※2)。

検討の結果、低圧タービンロータの新規製作品による本格復旧については、工程短縮に努めた結果、現時点では平成27年6月末目途の発電再開を見込んでおります。また、その間の供給力確保に向けて、本年8月中旬を目途に部分負荷(出力40万kW程度)での仮復旧※3による発電再開を見込んでおります。

なお、損傷した低圧タービンロータの再使用による復旧については、これまで当該ロータの検査を進めてきましたが、十分な信頼性を確保することは困難と判断し、今回の復旧計画には織り込んでおりません。

※1  「当社火力発電所における定期点検中の事故について」(平成26年3月28日)
※2  「松浦火力発電所2号機での定期点検中の事故について(第2報)」(平成26年4月17日)
※3  部分負荷による仮復旧では、松浦2号機の2つの低圧タービンのうち、損傷した低圧タービンを使用せずに発電します。そのため、出力は定格100万kWに対し40万kW程度となる見込みです。

【松浦火力2号機 タービン・発電機 蒸気フロー図】
松浦火力2号機 タービン・発電機 蒸気フロー図

【松浦火力2号機 タービン・発電機 鳥瞰図(仮復旧後)】
松浦火力2号機 タービン・発電機 鳥瞰図(仮復旧後)

2.業績予想の修正について

第2四半期(累計)の連結業績予想数値の修正(平成26年4月1日~平成26年9月30日)

 

売上高

営業利益

経常利益

四半期
純利益

1株当たり
四半期純利益

百万円

百万円

百万円

百万円

円 銭

前回発表予想(A)

355,000

29,000

21,000

15,000

99.97

今回修正予想(B)

351,000

29,000

21,000

15,000

99.97

増減額(B-A)

-4,000

0

0

0

 

増減率( % )

-1.1

0.0

0.0

0.0

 

(参考)前期第2四半期実績
(平成26年3月期第2四半期)

346,877

35,568

26,480

18,853

125.64

通期の連結業績予想数値の修正(平成26年4月1日~平成27年3月31日)

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

1株当たり
当期純利益

百万円

百万円

百万円

百万円

円 銭

前回発表予想(A)

754,000

69,000

57,000

41,000

273.24

今回修正予想(B)

732,000

57,000

45,000

33,000

219.92

増減額(B-A)

-22,000

-12,000

-12,000

-8,000

増減率( % )

-2.9

-17.4

-21.1

-19.5

(参考)前期実績
(平成26年3月期)

706,835

59,171

40,077

28,694

191.23

第2四半期(累計)の個別業績予想数値の修正(平成26年4月1日~平成26年9月30日)

売上高

営業利益

経常利益

四半期
純利益

1株当たり
四半期純利益

百万円

百万円

百万円

百万円

円 銭

前回発表予想(A)

287,000

25,000

20,000

15,000

99.97

今回修正予想(B)

281,000

25,000

20,000

15,000

99.97

増減額(B-A)

-6,000

0

0

0

増減率( % )

-2.1

0.0

0.0

0.0

(参考)前期第2四半期実績
(平成26年3月期第2四半期)

299,462

31,907

26,526

18,709

124.68

通期の個別業績予想数値の修正(平成26年4月1日~平成27年3月31日)

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

1株当たり
当期純利益

百万円

百万円

百万円

百万円

円 銭

前回発表予想(A)

578,000

41,000

28,000

20,000

133.29

今回修正予想(B)

554,000

29,000

16,000

12,000

79.97

増減額(B-A)

-24,000

-12,000

-12,000

-8,000

増減率( % )

-4.2

-29.3

-42.9

-40.0

(参考) 前期実績
(平成26年3月期)

582,861

40,464

31,060

22,117

147.40

※  本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により予想と異なる可能性があります。

修正の理由

平成26年3月期決算発表時(平成26年4月30日)に開示しました平成27年3月期の業績予想には、松浦2号機の事故影響について、復旧時期等が未定であることから、7月8日定期点検終了(予定)を前提に業績見通しを策定し、復旧費用および停止期間の更なる延伸に伴う影響額等は織り込んでおりませんでした。
今般、1.に記載の復旧計画を前提に、火力の販売電力量の減少に伴う売上高および燃料費の減少ならびに復旧関係費用の増加等を勘案し、業績予想を修正いたしました。なお、当期の供給力の確保に向けた他発電所の修繕計画の繰り延べ等の検討を進めており、その結果によって業績見通しを修正する可能性があります。

[発電諸元]

区分

項目

前回発表予想

今回発表予想

電気事業

卸電気事業

販売電力量(水力)

(億kWh)

91

91

販売電力量(火力)

(億kWh)

543

506

水力出水率

(%)

100

98

火力設備利用率

(%)

79

73

その他の
電気事業

販売電力量

(億kWh)

25

25

海外事業

販売電力量

(億kWh)

93

93

以上

添付書類

本文(PDF:453KB)

Page Top
CLOSE