事業情報

地熱発電事業Geothermal Power Generation Business

40年以上の運転実績と新規地点の開発を進める地熱発電事業

scroll

地熱エネルギーは、発電時にCO2をほとんど排出しない上、天候に左右されず年間を通して安定的な発電が期待できる、純国産の再生可能エネルギーです。J-POWERは、宮城県大崎市の鬼首地熱発電所(出力15,000kW)にて、1975年以降40年以上にわたる運転を続けてきました。

鬼首発電所は2017年3月末で運転を停止しており、最新設備への更新を計画しています。

地熱発電の仕組み

国内23年ぶりの大型地熱発電所開発

建設中の山葵沢地熱発電所

J-POWERでは、現在、新規の地熱発電所の開発も進めています。

三菱マテリアル(株)・三菱ガス化学(株)とともに湯沢地熱(株)を設立し、秋田県湯沢市において出力10,000kW以上の大型地熱発電所としては国内23年ぶりとなる山葵沢地熱発電所(出力42,000kW)の建設を進めています。(2019年5月営業運転開始予定)

地熱発電事業地図

地熱発電事業地図

Page Top
CLOSE