事業・サービス

  • 再生可能エネルギー
  • 石炭火力発電事業
  • 原子力発電事業
  • 送変電事業
  • 通信・その他の事業
  • 海外展開

再生可能エネルギー 早わかり!

business & service
TOP > 事業・サービス > 海外展開
海外展開
J-POWERの世界での展開
 J-POWERは国内での実績をもとに、海外でも半世紀以上にわたる取り組みを行っています。

「日本と世界の持続可能な発展に貢献する」という企業理念のもと、グローバルに事業を展開していきます。

海外コンサルティング事業
J-POWERは半世紀以上にわたり、世界各地で電源の開発および送変電設備等に関するコンサルティング事業を行っています。1962年に最初の案件を実施して以降、その数は、64ヵ国・地域357件に達しています。

コンサルティング事業の中核は、特定のプロジェクトに対する技術サービスの提供です。国際協力機構(JICA)や外国政府機関、民間企業等の委託を受けて、基礎調査、フィジビリティ(実現可能性)調査、基本設計、実施設計および施工監理等の事業を展開しています。

海外コンサルティング事業の展開( 主な案件)
1960年 電源開発促進法改正
海外コンサルティング事業の開始
アッパーコトマレ水力発電所(スリランカ国)
アッパーコトマレ水力発電所(スリランカ国)
タクモ水力増設計画(ベトナム国)
タクモ水力増設計画(ベトナム国)
ギソン火力発電所(ベトナム国)
ギソン火力発電所(ベトナム国)
1962年 ペルー国 タクナ水力発電計画
商業ベースとして初のコンサルティング案件
1967年 タイ国 シーナカリン水力発電計画
1969年 トルコ国 ハッサンウールル水力発電計画
1971年 ペルー国 リマ・チンボテ送電線計画
大規模送電コンサルティング案件
1974年 フィリピン国 火力発電計画
初の火力発電コンサルティング案件
1982年 マレーシア国 ポートクラン PhaseⅡ 火力発電計画
大規模石炭火力コンサルティング案件
1984年 オーストリア国 NOx低減技術供与計画
欧州における環境対策案件
1985年 中国 天生橋水力発電・送電計画
1990年 タイ国 ラムタコン揚水発電計画
揚水発電コンサルティング案件
インド国 プルリア揚水発電計画
1994年 ベトナム国 ハムトゥアン・ダミ水力発電計画
インド国 バクレシュワール火力発電計画
1996年 ペルー国 ユンカン水力発電計画
1998年 ブータン国 プナチャンチュ水力発電計画
ミャンマー国 ターサン水力発電計画
2001年 ベトナム国 ダイニン水力発電計画
2003年 スリランカ国 アッパーコトマレ水力発電計画
2005年 ベトナム国 ソンラ水力発電計画
2006年 ベトナム国 タクモ水力増設計画
2007年 インドネシア国 省エネルギー普及促進調査
省エネルギーに関するコンサルティング案件
2008年 ベトナム国 ギソン火力発電計画
2015年 モンゴル国 ウランバートル第4発電所最適化計画
2016年 ベトナム国 超々臨界圧石炭火力発電計画


海外発電事業
J-POWERは、これまで国内事業で培ってきた知見と技術力、そして海外コンサルティング事業で培われた経験・信用・ネットワークを活かして、積極的に海外発電事業の発掘・開発に取り組んできました。2017年3月末現在で、6ヵ国・地域で36件、合計出力2,085万kW(持分出力で668万kW)の設備を有しています。

今後も、タイ国をはじめとするアジアや米国で着実に事業を展開し、あわせて新市場への展開を積極的に図っていきます。


ウタイガス火力発電所(タイ国)
ウタイガス火力発電所(タイ国)
タイでの展開

J-POWERは、コンサルティング事業の実績をもとに、タイ国での発電事業に参画しています。主要電源となる大型発電所に加え、もみ殻を燃料とするバイオマス発電所やガスコジェネレーション発電所も保有しています。2013年から2015年にかけ9つの発電所が運転を開始しており、J-POWERが手がける発電プロジェクトは、16件に及びます。

2015年のウタイガス火力発電所(出力160万kW)の運転開始により、J-POWERの発電設備はタイ国全体の総設備出力のうちの約1割を支えることとなりました。


J-POWERが新規開発したオレンジ・グローブ発電所(米国)
J-POWERが新規開発した
オレンジ・グローブ発電所(米国)
米国での展開

J-POWERが米国内で第1号となるテナスカ・フロンティア発電所の権益を取得してから10年余りが経過しましたが、この間、既設発電所の部分買収から自社での新規開発案件までを手掛け、事業の拡大を図ってきました。2017年1月には、ペンシルバニア州で建設が進むウェストモアランド発電所プロジェクトの権益を取得しました。2018年中に営業運転開始を予定しており、これにより、米国でJ-POWERが手掛けるプロジェクトは11件、総出力543万kW(持分出力202万kW)に達する見込みです。

今後も、自由化の先進市場であり、豊かな事業機会が見込める米国において、多様な販売形態を取り入れながら業容拡大を図っていきます。


セントラルジャワ石炭火力IPPプロジェクト 完成予想図(インドネシア国)
セントラルジャワ石炭火力IPPプロジェクト
完成予想図(インドネシア国)
インドネシア初の高効率石炭火力発電所

J-POWERでは、インドネシア国中部ジャワ州バタン県において、セントラルジャワ石炭火力IPPプロジェクトを進めています。(出力200万kW、J-POWER、PT. ADARO POWERおよび伊藤忠商事株式会社との共同事業)。同国のIPPで最大規模の石炭火力発電所となる本事業は、発電燃料にインドネシアの亜瀝青炭を用いて、超々臨界圧(USC)技術を使った発電方式を導入し、適切な環境対策技術を使うことで、環境親和型高効率発電のモデルケースとなるものです。2020年中の営業運転開始を目指し、現在建設工事を本格的に進めています。

●海外コンサルティング事業及び海外発電事業の実施状況
 
画像をクリックするとPDFで拡大図が参照できます。