企業情報

企業情報

技術開発Technological Development

技術革新による石炭利用と地球温暖化対策の
両立への取り組み

scroll

次世代の低炭素技術の研究開発

イーグルプロジェクトイメージ画像1
イーグルプロジェクトイメージ画像2
イーグルプロジェクトイメージ画像3

石炭火力発電のさらなる高効率化

J-POWERは、CO2排出量の低減を目的とし、さらなる石炭火力発電の高効率化を目指して、研究開発を進めています。USCからさらに蒸気温度を向上させる「先進的超々臨界圧(A-USC)※1」検討のほか、石炭を可燃性ガスに変換して燃焼するガスタービン発電と排熱を利用した蒸気タービン発電を組み合わせた「石炭ガス化複合発電(IGCC)※2」、IGCCに燃料電池を組み合わせた「石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)※3」といった次世代技術の開発に取り組んでいます。
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究事業として、2014年まで10年以上にわたり取り組んできたEAGLEプロジェクト(北九州市)では、IGCCパイロット・プラント設備の試験運転とCO2分離・回収技術の研究開発を実施してきました。そこで培われた知見を生かし、現在は大型実証試験である大崎クールジェンプロジェクト(広島県)を進めています。

  1. A‒USC:Advanced Ultra Super Critical
  2. IGCC:Integrated Coal Gasification Combined Cycle
  3. IGFC:Integrated Coal Gasification Fuel Cell Combined Cycle

大崎クールジェン プロジェクト

大崎クールジェンプロジェクトイメージ画像1
大崎クールジェンプロジェクトイメージ画像2
大崎クールジェンプロジェクトイメージ画像3

酸素吹石炭ガス化技術に関する大型実証試験の実施

大崎クールジェン(株)

EAGLEプロジェクトで得られた知見と成果を活かし、IGCC・IGFC及びCO2分離・回収技術の商用化に向け、中国電力(株)と共同で大崎クールジェン(株)を設立しました。
NEDOの助成事業として、広島県豊田郡大崎上島町に出力16.6万kWの酸素吹IGCC大型実証試験設備を建設し、2017年3月より実証試験を開始しました。

また、IGCCにCO2分離・回収設備を付設したCO2分離・回収型IGCC実証事業についても、2016年度より事業に着手しており、2019年度の実証試験開始を目指しています。さらには、燃料電池を組み込んだCO2分離・回収型IGFCの実証事業も計画しています。

CO2回収・貯留(CCS)技術の研究開発

CO2回収・貯留(CCS)※4技術は、発電時に発生したCO2を地中へ閉じ込める方法です。
J-POWERは、EAGLEプロジェクト及びオーストラリア・カライドプロジェクトの成果を踏まえ、CCS技術の研究開発を推進しています。

CCS
  • CCS:Carbon(Dioxide)Capture and Storage

大崎クールジェン

技術開発担当部署へのお問合せ

Page Top
CLOSE