エコ×エネ・カフェ

エコ×エネ・カフェ 2021年のレポート

第36回 コロナ禍で日本は「脱炭素化」をどう進めていくのか?~「コミュニケーション」「働き方」「SDGs」を切り口に考え、語り尽くす~
第36回 コロナ禍で日本は「脱炭素化」をどう進めていくのか?~「コミュニケーション」「働き方」「SDGs」を切り口に考え、語り尽くす~
日程 2021年2月10日(水)19時00分~21時00分
参加者 48名
ゲスト 川嶋直氏(日本環境教育フォーラム理事長)
森雅浩氏(Be-Nature School代表)
藤木勇光(J-POWER広報部専任部長)

脱炭素の難しい目標に対して、できるかな?ではなくて、やらねばならない!というお話が印象的でした。あと、人間は強制的な環境になると、知恵と工夫をする、というのも印象的でしたね。

CO2を埋める技術があることを初めて知りました。「真ん中の人が置いてきぼりになっている」のはまさしくそうだと思います。久々に環境の議論をしましたが、ついていけなくてびっくりしました。忙しいとどうしても環境の話題から遠ざかっているなと感じました。

エコフィリアに対しNHKのメディアとしての役割は果たしているということを聞いて、我々も自分の役割を意識して行動する覚悟が必要であるということを改めて感じた。

"環境教育”についての普及状況や教え方についての問題が印象に残りました。特に押しつけの教育でなく受け手側が自分事として捉えてもらうために様々なことをされている実例を学ばせていただき参考になりました。

「脱炭素」というキーワードだったが、今世の中に起きている色んな問題を解決することは、「合わせ技」が大事ということ。「強制力」で変わらざるを得ないし、人は変われる力や工夫する力がある。でも、それならば本当は「自発的」にも変われるはずということ。

カーボンニュートラルを達成するためには、技術・社会・意識の変革が必要とのことだったが、社会の変革が一番難しいのではないか。個人個人の意識の変革が、社会の変革につながるような道筋が描ければよいと思う。

コロナとエネルギーは似ている。ブラックボックスではなく、具体的に説明されると理解できる、協力できる。

みんな全く同じ意見ではなく、登壇者同士で疑問や反対の意見を交えており、トークセッションは聞いていて気持ちがよかったです。

脱炭素社会の実現に向けた取り組みと私たちの暮らしの間には、結構、隔たりがあることを再認識した

「脱炭素」というキーワードだったが、今世の中に起きている色んな問題と結びついているんだなということも感じた。やっぱりこれまでの価値観を一人ずつが変えていかないといけないと思った。そのためにも、色んな問題を知ること+問題意識を共有して色んな人と話すことが大事だと思った。

環境について、自分たちを高め合う仲間だけでなく、相反する利益などの立場の人とも対話できる場を作ることが大切であると思います。

多様な情報にアクセスできる中で、単純に情報をうのみにするわけではなく、自分で噛み砕いて考える力を育てる教育を子どもたちに伝えることが大切。探究型の教育が当てはまるかなと感じました。

身近なところから、電力、発電について感じる場を増やし、少しずつ意識変革を促すことが大事だと思った。
具体的な例:PHVやEV車に乗っていて坂道を降りた時に充電されている様子をはっきり見える化するデザイン など

今回は電力会社主催にもかかわらず、CCSの問題などを取り上げられていて、それに関して電力会社の方が答えられていたのでとても面白かったです

藤木さんに感謝の気持ちが尽きません。こんな機会を与えてくださりありがとうございます!これが最後ではないと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます