ABWRについて | MOX燃料の使用 |
改良型沸騰水型軽水炉(ABWR) | 原子炉内蔵型再循環ポンプ | 改良型制御棒駆動機構 | 原子炉建屋一体型原子炉格納容器 | ECCS |
ABWRについて
原子力発電のしくみ(ABWR)
  • 原子炉内ではウランおよびプルトニウムの核分裂によって発生した熱が燃料をとりまく水に伝えられ、これを高温・高圧の蒸気に変えます。この蒸気は、主蒸気配管を通ってタービンに送られ、タービン軸に直結した発電機を回して発電します。
  • タービンを回し終えた蒸気は、復水器内で冷却され、水となって再び給水ポンプにより原子炉に戻されます。
  • 復水器で蒸気を冷却する冷却水には海水を使います。
    *海水は管を介して蒸気を冷却するため、海水に原子炉の蒸気が混ざることはありません。
  • 原子炉の起動・停止は、制御棒の出し入れによって行います。
    原子炉の出力を変えるには、原子炉内蔵型再循環ポンプモータの回転数を変化させて原子炉を流れる水の量を変化させる方法と、制御棒の位置を調整する方法があります。

原子力発電のしくみ