エコ×エネ体験プロジェクトとは

エコ×エネ体験プロジェクトとは スタッフ紹介

エコ×エネ体験プロジェクトへの思い

サイエンスカクテルプロジェクト

岩城 邦典(イワクニ)

@火力編 エコ×エネ・ワークショップ

岩城 邦典(イワクニ)

コンセントからいつでも手軽に引き出せる電気のある便利な生活。その電気は様々な発電方法や技術を組み合わせ工夫することで供給されています。日本では、何を考えどんな発電方法や技術を選択をしてきたのか。そして、これからは何を目指してどんな選択が必要なのか。単なる理想論ではない、現実に即したエコとエネを考えられる体験ツアーを用意しました。そこに決まった答えはありません。みなさんと一緒に未来の日本を模索し、エコとエネを考える輪を広げて行きましょう。

自己紹介 サイエンスカクテルプロジェクト
岩城 邦典(イワクニ)

山形県鶴岡市生まれ。
サイエンスカクテルプロジェクトの製作師、人間3Dプリンター。いろんなアイデアを形にします。
普段は、(有)scienceNODEで科学に関するデジタルコンテンツを製作したり、国立天文台で電子書籍などを手がけています。人工物・自然物を問わず、圧倒的な"何か"に惹かれます。それらを探して、天体撮影や自然探検、世界遺産、産業機械巡りなど、チャンスがあれば非日常世界に飛び込んでいます。

スタッフ紹介一覧に戻る