エコ×エネ体験プロジェクトとは

エコ×エネ体験プロジェクトとは スタッフ紹介

エコ×エネ体験プロジェクトへの思い

NPO法人白川郷自然共生フォーラム(トヨタ白川郷自然學校)

旭 祐貴(ある)

@御母衣

旭 祐貴(ある)

空調の効く部屋の中、窓から街灯を眺めながら、沸かしたてのコーヒーを飲む。様々な形でエネルギーに支えられている今日ですが、全部自分で作ります、なんて言える人は少ないですね。かつて、白川郷の人々は煮炊きや灯りをとるための薪を、自ら苦労して山から採り、大切に使って暮らしていました。電気をつくる人とつかう人、お互いの事情が見えるエコ×エネ体験プロジェクト。この出会いが、明るい未来をつくると信じています。

自己紹介 NPO法人白川郷自然共生フォーラム(トヨタ白川郷自然學校)
旭 祐貴(ある)

岐阜県郡上市出身。大学時代は野生動物の生態学と行動学を専攻しながら、野生動物に焦点を当てた環境教育に取り組む。卒業後はラフティングガイドやスキーパトロールとして野外活動や救急対応に従事し、1年間の自然學校研修生を経て、2017年からトヨタ白川郷自然學校で働く。
野生動物の観察、ロープを使った木登り、きのこ狩りなど、白川郷の森に囲まれた暮らしを楽しんでいます。

スタッフ紹介一覧に戻る