J POWER 電源開発

WORK

私の仕事

発電所と送電線の用地に関わる問題を粘り強く解決に導く。

私は水力発電所の用地業務を担当しています。「用地」とは発電設備等に必要な土地のこと。つまり用地業務とは、発電設備が安定稼働していく上で必要な土地や権利を守っていく業務のことを指します。デスクワークの仕事だけではなく、土地の権利者の方を訪ねたり、現場まで実際に足を運んで状況を確認したりすることも業務に含まれます。事務系の職種でありながら現場に密着した仕事が多く、電力供給の「手触り感」を感じられるところが魅力です。
例えば、ダムや送電線を建設する際には、国土調査をもとにいろいろな場所に「地役権」という「土地を使用する権利」を設定させてもらうのですが、何十年も昔に設定された地役権の場合、公的な図面とは異なった場所に地役権が設定されてしまっていることもありえます。そのような場合には当時の書類も調べつつ実際に現場に分け入り、なぜ地役権が異なってしまったのか、まるで謎解きのように問題解決に取り組むことになります。
1つ1つの仕事は1日や2日で終わるものではなく、長期間にわたるものがほとんどです。そのため、忍耐強さや諦めずに取り組み続ける姿勢が求められますが、様々な過程を経て問題が解決できた時には、強い達成感を得られます。

三木 啄也

所属する組織のミッション

電力の安定供給のため、地域との長い信頼関係を築く。

水力発電部の西日本支店は、関西以西に位置する水力発電所やダムの管理を行っており、私が在籍している福岡事務所では九州地域全域の水力発電設備を担当しています。地元の方との権利関連の調整が主であり、発電所のメンテナンスや機能向上のための工事を行う場合や、発電所の運転方法を変更する際などには、川の流れが変わってしまって特にダムの下流地域に大きな影響を与えてしまうこともありうるため、事前に説明を行う必要があります。
発電所は地域の方々の理解があって初めて成り立つものですので、地域の方々との信頼関係を築くことも大切なミッションになります。何回も足を運び、何年もかけて信頼関係を築いていく地道な仕事です。意外なところでは、地域のお祭りなどのイベントに参加することも役割のひとつです。先輩達が何十年もかけて築いてきた地域の信頼の上に今の自分の仕事があるため、その信頼を次世代に繋いでいくことが何より大切だと考えています。

J-POWERで働く理由

自分たちの仕事を楽しんでいる人が多い。

社会の根底を支えるエネルギーに関わる仕事をしたいと思い、J-POWERに入社しました。今は日々の仕事を通じて、自分たちが日本の当たり前の生活を支えているのだと実感できています。地役権の調査、用地の状況の確認、地元の方々との交流など、小さな積み重ねが毎日の電力の安定供給につながっているのです。事務所の中だけにいると実感しづらいことですが、現場に行くことで見えてくるものは沢山あります。
また、私も含めてですが、仕事を楽しんでいる人が周囲に多いことも当社の魅力です。入社前にはまったく想像していなかった仕事を経験することもありますが、それがむしろ楽しいと思います。就職活動の時期、J-POWERの社員は自分の仕事を楽しそうに話していた姿が記憶に残っていますが、その時の印象は今も変わらずに持ち続けています。

オフタイム

毎日運動し、フルマラソンにも出場。

オフタイムマラソンが趣味で、フルマラソンの大会に出場したこともあります。もともと陸上部だったわけではないのですが、土日は走ったり、泳ぎに行ったりして身体を動かし、社員寮から会社までの約3kmの道のりも歩いて通勤しています。福岡は食事が美味しくて食べすぎてしまうので、運動するように心がけているという理由も少しあります(笑)

印象に残る仕事

現場に行くことが、仕事の成果に繋がる。

印象に残る仕事

入社1年目の頃、「接近木伐採業務」を担当したことがあります。「接近木」とは、送電線に接近しすぎている成長した樹木のこと。送電線は、安全のために樹木などの障害物から一定の距離を取っている必要がありますが、ある場所で樹木が送電線に接近しすぎていることが判明したのです。
そこで、まずは状況の確認から着手し、林道さえもないような山の中を歩いて樹木を探すことになりました。出発前にヘルメットとナタを渡された時には、「こんな仕事までするのか」と驚きましたね(笑)
そして、現地で確認が取れたら土地の所有者の方に相談し、伐採させてもらうよう交渉するのです。所有者の方にとっては唐突で驚かれることも多いですが、こちらが現場のことを理解した上で話をすると納得していただくのが早く、打ち解けやすくもなります。単なる書類のやり取りではなく、現場に足を運ぶような細かい下積みが、地元の方の信頼につながっているのだと実感した出来事でした。

三木 啄也

水力発電部 西日本支店 福岡事務所
経済学部 経済学科 卒業
2014年入社

CAREER STEP

2014年

立地・環境部 立地室 発電設備等の立地・用地に関する業務

2014年

水力発電部 西日本支店 用地グループ(福岡市駐在)兼 西日本送電管理所 福岡送電所 水力発電所及び送電設備の用地業務

2015年

水力発電部 西日本支店 福岡事務所 水力発電所の用地業務

WORK