J POWER 電源開発

WORK

私の仕事

発電所の施工計画立案から、完成後の維持管理までを担う。

土木工事の施工計画立案・積算・発注を主な業務として、現在は広島県にある竹原火力発電所の設備更新(リプレース)工事を担当しています。規模の大きな案件であり、様々な工法を試すことができる機会が多くあるため、多様な工法の中から現場に最も適した工法を、自分が取捨選択し実行できる点にやりがいを感じています。一方で、工事の際には、土木工事と並行して他の工事も進むため、施工計画の立案においては、機電系や建築系の担当者を含め様々な関係者と連携・調整を図る必要があります。技術力だけではなく、調整力も求められる仕事とも言えます。
また、他の部門と同様に土木部門においても、作った後の維持管理も大切なミッションです。例えば、西日本支店(大阪市)に所属していた際は、ダムに溜まった土砂の処理や大雨が降る際のダムのゲート操作といった、完成後の管理業務などを担当していました。J-POWERの土木職は「作って終わり」ではなく、電力の安定供給のために、自分で作った設備を維持管理していくことも重要なんです。

梶 啓介

所属する組織のミッション

長年の知見と新技術を掛け合わせ、大型工事に挑む。

私の所属する工事管理室は、大型の工事の施工計画立案・積算・発注を専門的に行う部署です。確実な工程で品質の確かな工事を行い、しかもコストと納期を予定内に収めることが、私たちの業務の大前提となります。土木技術者の判断が設備に与える影響は非常に大きいため、大型の発電所を数多く保有している当社では、より一層確かな技術と知識のもとに判断を行うことが求められています。
長年にわたって発電所の開発を続けてきた当社は、難易度の高いプロジェクトも数多く手がけてきました。 そうしたプロジェクトを遂行してきた土木技術者たちの知見は社内や部署内でしっかりとデータベース化されています。先人たちの事例から様々な知見を学びつつ、新しい工法も取り入れ、彼らに恥じないように責任を持って工事を進めていくことが、私たちの使命です。

J-POWERで働く理由

多様な経験が現在の業務にも活きている。

J-POWERを選んだ大きな理由は、「様々な経験の場を与えてくれる」ということ。私は、水力、原子力、火力に係る業務を経験しており、また、海外での施工監理業務の他、電力料金交渉も経験しています。私は社内でも経験の幅が広い方ではありますが、様々な経験を積むと、視野も大きく広がるものです。例えば、電力料金交渉を経験したことで、顧客である受電会社が当社の発電所に求めている役割が具体的にイメージできるようになりました。
最近では若手社員に技術や知見を伝える機会も増えてきましたが、自分の経験を踏まえ、自分の手を動かすこと、自分で経験することの大切さを伝えていきたいです。表面の知識を知るだけで満足するのではなく、自分で実際に手を動かし、経験することで見えてくるものもあります。できるだけいろいろな経験を積めるよう、自分の意思を持つことは重要です。

オフタイム

ロッククライミングを初体験。

オフタイム最近ロッククライミングを初めて体験しました。やってみると面白いもので、これ以上どうしても上に行けない、という地点があるんですね。ですが、何とか粘り続けるとどうにか乗り越えることができて、自分でも驚いて。最初は「絶対に無理だ」と思っていたものですから、諦めずに粘り強く取り組めば何とかできるものなのだなという新鮮な気づきがありました。

印象に残る仕事

インドの水力発電所開発にコンサルタントとして参加。

印象に残る仕事

以前、インドに1年半ほど駐在し、水力発電所の工事現場で技術コンサルタントとして勤務していた経験があります。当時の私は30歳程度、自分が工事を動かすという大きな権限を与えられたのは初めての経験でした。自分の判断をもとに、水力発電所が実際に出来ていくというダイナミックさは、今でも忘れられない経験です。
しかし当然、インドは日本と文化や仕事の進め方が異なり、作業者の調整や相手国のオーナー企業との交渉に苦戦する場面も多々ありました。特に時間の感覚がまったく異なり、「インドでの工事は遅れて当たり前」とも言われていました。ですが、日本人の我々が関わることによって、何とか工期通りに進めてみようという挑戦心が逆に沸き起こり、難しい交渉にも粘り強く取り組むことで、結果として遅延なく工事を完遂することができたのです。水力発電所が完成段階に近づき、水路に水を通す試験を無事に終えた時には味わったことのないような達成感が得られました。

梶 啓介

土木建築部 工事管理室
工学部 土木工学科/工学研究科 土木工学専攻
2000年入社

CAREER STEP

2000年

建設部 設計室 水力グループ 水力発電設備の設計業務

2001年

九州支社 南九州電力所 水力発電所のメンテナンス業務

2003年

エンジニアリング事業部 地盤耐震技術グループ 大間原子力発電所の地盤安定に係る許認可対応業務

2005年

国際事業部 プルリア揚水工事監理事務所 インド国プルリア揚水発電所建設に係る施工監理業務

2007年

営業部 営業グループ 売電契約業務

2010年

土木建築部 設備計画室  ダムの運用検討業務

2012年

水力発電部 西日本支店 土木グループ 水力発電所の堆砂・濁水長期化対策、ダム運用検討業務

2016年

土木建築部 工事管理室 大型土木工事の施工計画立案・積算・発注業務

WORK