J POWER 電源開発

WORK

私の仕事

発電所の重要設備の設計・検査・設置工事に取り組む。

現在、私は原子力発電所の最重要設備である原子炉およびタービン関連機器の設計・検査・設置工事に取り組んでいます。具体的には、メーカーから提供された設計書類の審査や、メーカー工場での製品検査などを通じて、各機械設備が仕様書通りに設計・製造され、所定の性能・品質を満たしているかどうか確認します。
さらに、完成した装置を発電所内に安全・確実に設置するための施工監理・安全管理も重要な業務です。いずれも発電所の安全に関わる重要な機器だけに、施工においては、例えば配管内に異物が侵入していないかなど、厳しくチェックする必要があります。
自分が書類の審査や施工監理を担当した機器が、予定通りのスケジュールで無事に設置された時は、ホッと胸をなで下ろすと同時に、大間原子力建設所の一員として新しい発電所建設に参加しているという充実感が湧いてきます。

河谷 浩司

所属する組織のミッション

高品質で信頼性の高い機械設備を導入し地域の信頼に応える安全な発電所を建設。

青森県大間町に建設中の大間原子力発電所は、MOX燃料※を全炉心で装荷できる発電所で、原子炉1基当たりの発電出力も国内最大級となる予定です。私が所属する機械グループでは、この最先端の原子力発電所に用いられる原子炉やタービン・発電機、冷却装置をはじめとする各種の機械設備の設計・審査、工場や現場での検査から設置工事までを担当しています。高品質かつ信頼性に優れた機械設備を通じて、地域の人々から信頼される安全な発電所の建設を実現するのが私たちの最大のミッションです。
※MOX燃料は原子炉から取り出された使用済燃料を再処理して回収されたプルトニウムを、ウランに混ぜてつくられる燃料。MOX燃料を使うことで、限りある資源を有効利用することができる。

J-POWERで働く理由

安全で信頼性の高い発電所の建設を通じて電力の安定供給と地域社会の発展を支える。

安全で信頼性の高い原子力発電所の建設は、今後の日本における電力の安定供給に大きく寄与するのはもちろん、新たな雇用創出や地域経済の活性化などによって、地域社会の中長期的な発展を支える側面もあります。こうした社会的な期待に応えていくためにも、安全確保を最優先に、高品質な発電所の建設に取り組んでいきます。

オフタイム

豊かな大自然の中でスポーツやフィッシングを満喫。

オフタイム豊かな自然に囲まれたこの大間は、アウトドア派の人には最高の環境です。自分も休日は会社の仲間とバスケットボールやフットサル、テニスを楽しんだり、地元リーグに所属するチームで草野球に参加したりしています。冬季には、足を伸ばせばスキーやスノーボードが満喫できます。また、海や湖沼でフィッシングも存分に楽しめます。現在、仲間と大物が釣れるスポットを調査しているところです。

印象に残る仕事

工場での製品検査の合否を判断する担当者として責任の大きさを実感。

印象に残る仕事

大間原子力建設所に着任して2年目の2012年、原子炉関連機器の工場検査の立ち合いを初めて一人で担当しました。メーカー工場で実施される製品の完成検査にJ-POWERの検査員責任者として立ち合い、その検査結果についての合否を判断し、検査記録にサインする仕事です。初めてで不慣れだったこともあり、必要以上に細かいデータ資料の提出を依頼して、メーカーの担当者を慌てさせてしまいましたが、J-POWERを代表して自分が製品の合否を判断する責任の大きさ、サインすることの重みを実感しました。

河谷 浩司

大間原子力建設所 機械グループ
工学研究科 機械創造工学専攻
2010年入社

CAREER STEP

2010年
磯子火力発電所 発電グループ 石炭火力発電所の運転業務
2011年
大間原子力建設所 機械グループ 原子炉・タービン関連機器の設計・施工監理業務

WORK