J POWER 電源開発

WORK

私の仕事

試験と検討を繰り返し、次世代発電システムの問題をクリアしていく。

次世代の発電技術として注目されている固体酸化物型燃料電池(SOFC)は、燃料電池の中でも特に高効率で発電でき、また、多様な燃料が使用可能です。そのSOFCを組み込んだ究極の高効率石炭利用技術として期待されているのが、石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)システム。私は、このIGFCにCO2分離回収設備を加え、革新的にCO2排出量を抑えるシステムの開発を担当しています。固体酸化物型燃料電池(SOFC)は将来の発電システムとして大きなポテンシャルを持っているものの、その実用化に向けてはクリアすべき問題が多く存在します。決められた時間と予算の制約の中で、それらの問題を解決する方法を関係者みんなで意見を出し合って考え、試験を実施し成果を挙げることができた時には、大きな達成感を感じます。

須藤 哲郎

所属する組織のミッション

石炭を活用して、高効率でクリーンな発電技術を開発する。

私が所属する火力技術研究室では、新発電技術を含めた石炭火力発電システムの検討、および燃料適合性に関する技術研究開発を行っています。近年、地球温暖化問題に関心が高まるなか、CO2排出原単位の大きい石炭が問題視されていますが、石炭はエネルギーセキュリティ等の観点から重要なエネルギー資源のひとつです。中でも石炭ガス化燃料電池複合発電システム(IGFC)と呼ばれる技術は、究極の石炭利用発電技術と期待されていて、J-POWERが世界に先駆けて開発を進めています。実現すれば発電効率が飛躍的に向上し、既存微粉炭火力に比べCO2排出量を約30%低減できる見込みです。本研究室では、石炭利用高効率技術の開発、環境関連技術等の研究開発等を通じて環境問題に対応すること、および既設石炭火力のメンテナンス・運用に関わる課題解決を大きなミッションとしています。

J-POWERで働く理由

一人ひとりの真摯な姿勢が、私を頑張らせてくれる。

私がJ-POWERを選択した理由には大きく3つあります。1つは、電気(電力関係)に興味があり大学まで学んだ知識を社会に活かしたかったこと。2つ目は、他の電力とは違い地域の垣根なく、さらには海外にまで幅広く事業を展開していること。そして3つ目の理由としては、日本各地において各種自然エネルギーの検討・導入、また、石炭ガス化技術などの新技術開発を実施するなど、エネルギー・環境問題に対し積極的に取り組んでいると感じたからです。入社後最初に配属された火力発電所においては、安定運転を心がけることはもちろんのこと、より良い運転(高効率、環境負荷減、プラント延命等)をする為に各個人が日々考えて仕事しており、会社・個人ともに目の前にある問題に対し積極的に取り組んでいる姿勢を、身を持って実感しました。

オフタイム

運動不足解消目的が、今ではすっかり虜に。

趣味は、会社に入ってから始めたサッカー(今はフットサル)。初めて配属された現場で、運動不足解消を目的に始めたのがきっかけですが、今ではすっかりはまってしまいました。現在は茅ヶ崎研究所の仲間とチームをつくり、隔週金曜日の終業後に、他の会社の人たちと一緒に爽やかな汗を流しています。(もちろん、その後は流した汗の分だけ、ビールという名の水分補給も忘れません。)

印象に残る仕事

関係者との目的の共有を常に心がけています。

技術開発部に配属されまもなく、海外メーカーが開発・制作した装置がJIS規格(日本工業規格)をクリアするかを、JIS規格で定められた試験を実施して確認する業務を担当することになりました。当時は、配属されて間もないこともあり、技術的知識の不足や、英語への苦手意識から大きな不安がありましたが、上司や先輩達に助言を頂きながら、事前にメーカーと試験内容・計画を調整し準備万端で試験に臨みました。しかし、いざ試験を始めようとすると、海外でJIS規格を考慮せずに制作された装置であったため、JIS規格で定められた方法では試験できないことが判明しました。メーカー側は、JIS規格で定められた試験方法はあくまで一例であり、同様の方法で性能が確認できればいいだろうと考えていたのです。急遽、関係者で集まりメーカーに試験の意図を改めて伝え、どのような方法であれば我々が望むJIS規格に適合した試験が可能かを話し合いました。結果として、一部プログラムを変更することにより、何とか定められた期間内にJIS規格をクリアしていることを確認することができました。
このトラブルは、業務を進めるにあたって、その内容だけでなく、なぜその業務が必要なのかという目的を関係者で共有することが出来ていなかったために起きてしまったと思っています。そのため、現在は必ず自分は何をやりたいのかという目的を関係者と共有し、常に目的から外れていないかを関係者でチェックしあいながら、業務を進めるように心がけています。

須藤 哲郎

茅ヶ崎研究所 火力技術研究室
工学研究科 電気・電子工学専攻
2003年入社

CAREER STEP

2003年
高砂火力発電所 発電グループ 石炭火力発電所の運転業務
2004年
(株)ジェイペック 高砂カンパニー出向 プラント(電気機器関係、計測関係)のメンテナンス業務
2006年
技術開発センター エネルギー貯蔵グループ 電力貯蔵用二次電池の調査
2008年
茅ヶ崎研究所 水素・エネルギー供給グループ(現 火力技術研究室) SOFCコジェネレーションシステムの運転・評価

WORK