J POWER 電源開発

WORK

私の仕事

情報通信インフラの改善や人財育成を通じ、業務効率化に貢献。

私は、社内の情報通信インフラの整備のほか、情報通信部門の技術者に対する研修計画の企画・運営に携わっています。情報通信インフラの整備に関しては、まず社内ネットワークに関する様々なニーズを聴き取り、それを基に通信回線の改善などを行います。直接的に電気を作る仕事ではありませんが、社員全員の仕事環境に関する仕事であり、影響範囲は非常に広いと言えます。
また、研修計画の企画・運営に関しては、情報通信部門に関わる技術者のスキル向上を目的に、社内の情報通信技術者が技術力や知識を競い合う大会を開催しました。設問や採点方法などを一から作り上げ、「こうした技術や知識を高めていくべき」という自分の理念も込めることができました。このような仕事は、電力供給の信頼性を高めるだけでなく、業務のさらなる効率化につなげられる、意義あるものだと感じています。

山口 大輔

所属する組織のミッション

どのような状況でも、全国の発電所のネットワークを守り続ける。

発電設備は、電気の供給に支障を与えないよう遠隔で監視・操作できるようにすることが法律で定められており、そのネットワークを構築しているのが通信設備です。そのためJ-POWERが全国に持っている通信設備で障害が発生しないよう、対応をとっておくことが極めて重要ですので、24時間365日、交代勤務で絶え間なく監視を行い、障害が発生した場合に迅速な対応が取れるようにしています。また、2011年の東日本大震災以降、都心で大規模災害が発生した場合を想定し、万が一東京にある本店が機能しなくなった場合も他の拠点で代替できるような体制づくりを進めています。加えて、大規模拠点では、災害時などに対応できるよう衛星通信設備も配備しているのですが、それら衛星通信設備の管理も私の部署で行っています。

J-POWERで働く理由

社会を支える会社を、基盤から支えているという使命感。

大学ではプログラミング関連の基礎研究を行っていたため、それを活かせる仕事に就こうと考えていました。一方で社会に出てからは広く直接的に人の役に立つ仕事がしたいとも考えていました。そんな折、電力会社でも情報通信関係の仕事があることを知り、また、日本全国で自分の力を活かしたいという自らの希望にマッチすると考え、日本全体の電力の安定供給という形で社会を広く支えるJ-POWERへの入社を志望しました。
J-POWERはいわゆるインフラ企業ですが、J-POWERの情報通信部門は、情報通信設備の安定的な稼働によって、社内の全ての人と設備を支えています。いわば社会の「土台の土台」を支えているわけで、その使命感が、J-POWERで働くモチベーションです。情報通信設備の信頼性はすべて自分にかかっているのだという自覚と誇りを持って、今後もより一層、電力の安定供給に貢献していきたいと考えています。

オフタイム

地元・鹿児島でゴルフの爽快感を味わう。

オフタイム私は鹿児島出身なのですが、帰省した時にはよく地元の友人とゴルフに行きます。東京でも会社の人と一緒にゴルフに行くことがありますね。もともと友人に誘われて始めたのですが、大自然の中で運動する解放感、ドライバーでまっすぐ綺麗に打てた時の爽快感に魅せられ、今ではすっかり虜になっています。

印象に残る仕事

マイクロ波無線の新たな伝送路を検討。

印象に残る仕事

東京にある本店と各拠点の間はマイクロ波による無線通信を行っていますが、本店と各拠点との間に、知らないうちに高層ビルなどの建築物が建ち、マイクロ波が遮蔽されてしまうと電力の安定供給に支障が生じてしまいます。そこで行政に対して「伝搬障害防止区域の指定」という申請を行い、通信を遮蔽する建物の建築計画が届け出された場合には私たちに連絡が来る仕組みになっているのですが、連絡が来るとはいっても建築計画自体を中止させることは当然できません。ですので、連絡が来た場合は、建築物を避けて無線通信を可能にする、いわば代替ルートを構築する必要があります。私は建築の主体となる企業との協議を担当するとともに、代替ルートの検討を担当したことがありました。建築計画の決定から工事開始までの猶予期間の中で、代替ルートの検討や工事計画の立案・関係法令の確認を行うのはとてもハードでした。この仕事の中で常に意識していたのは「電力の安定供給のために何としても通信ネットワークを遮断してはならない」ということでした。最終的にはマイクロ波の中継局を設置することで、マイクロ波が高層ビルを迂回する方法を計画しましたが、限られた時間、予算の中で最適な解決方法がとれたときには大きな達成感を味わいました。J-POWERの事業の意義が仕事のモチベーションになっていると改めて感じた出来事でした。

山口 大輔

流通システム部 情報通信システム室
理工学研究科 情報工学専攻
2010年入社

CAREER STEP

2010年

水力・送変電部 中部支店 中部情報通信所 通信設備のメンテナンス業務、回線運用業務

2012年

開発電子技術(株) 事業統括本部 佐久間営業所出向 通信設備のメンテナンス業務、回線運用業務

2014年

水力発電部 東日本支店 関東情報通信所 通信設備のメンテナンス業務、無線申請関係業務

2016年

流通システム部 情報通信システム室 通信部門の教育研修、情報通信のインフラ整備業務

WORK