J POWER 電源開発

募集職種一覧

電力の安定供給という使命に加え、「エネルギーと環境の共生」を目指すJ-POWERは、多彩な事業領域を有しています。
そこに広がる挑戦のフィールドでは、それぞれの知識を磨き、新しい知見を得ることができるはず。
J-POWERの社員の仕事を知り、 J-POWERで成長する自分の姿を思い描いてください。

事務系グローバル社員

J-POWERの事務系グローバル社員は、一つの専門分野にこだわらず、ジョブローテーションによってさまざまな仕事を経験することで、キャリアを形成していきます。そのため、すべての分野に配属の可能性があると言えます。それぞれの専門領域の知識だけでなく、J-POWER全体の業務に精通する必要があるため、幅広い視野を得ることができます。

事務系グローバル社員の業務概要

電力の安定供給のために… 発電所や送電線の建設・運営
(資材購入、用地、燃料調達、経理)
更なる収益拡大のために… 新規プロジェクトの企画・開発
(国内外での発電所の新規開発や買収の検討・事業性評価・利害関係者との協議)
企業価値最大化のために… 経営計画の策定
電力販売料金の交渉
事業資金や大型資機材の調達
人財育成

技術系グローバル社員

J-POWERの技術系グローバル社員は各人の専門性をベースとして、入社後に決定される部門の中で知識と技術を磨き、キャリアを形成していきます。電力の安定供給はもちろん、CO2排出量の低減等につながる新技術の開発など、J-POWERの果たすべき使命は大きく、その責任に応えつつ、それぞれの専門領域においてたゆまぬ挑戦を続けることのできる人財を必要としています。

技術系グローバル社員の業務概要

電力の安定供給のために… 電力設備(発電所・送電線・情報通信設備)の設計・施工監理・運用・メンテナンス
更なる収益拡大のために… 新規プロジェクトの企画・開発
(国内外での発電所の新規開発や買収の技術評価・仕様の決定・メーカーやゼネコンとの協議)
企業価値最大化のために… 設備の長期的な修繕計画の策定
設備の効率向上や長寿命化に関する研究開発
人財育成

技術系グローバル社員の配属先(専門別)

技術系グローバル社員の配属先(専門別)技術系グローバル社員の配属先(専門別)

※タップで拡大

入社後に決定される、各人のベースとなる部門
各人のキャリア形成のなかで、ベースとなる部門以外に配属される可能性がある部門
その他、技術開発部門やコーポレート部門等にも配属

各職種の配属部門、職務内容および望ましい履修科目

電気・通信職
配属部門 水力発電・変電部門、火力発電部門、原子力発電部門、送電部門、情報通信部門のいずれか
※人事ローテーションによっては海外事業部門、再生可能エネルギー事業部門、コーポレート部門、技術開発部門に従事していただくことがあります。
職務内容 各部門における設計・建設・運用・メンテナンス
主に電気設備を担当
社内ITネットワークや業務システムの設計、開発、運用など
望ましい履修科目 電気・電子工学全般(電磁気学、回路理論、電力工学、電気機器、電気応用、電気工学、電子工学、通信工学、情報工学等)
機械職
配属部門 水力発電・変電部門、火力発電部門、原子力発電部門のいずれか
※人事ローテーションによっては海外事業部門、再生可能エネルギー事業部門、コーポレート部門、技術開発部門に従事していただくことがあります。
職務内容 各部門における設計・建設・運用・メンテナンス
主に機械設備を担当
望ましい履修科目 機械工学全般(熱力学、流体力学、機械工学、材料工学等)
化学職
配属部門 火力発電部門、原子力発電部門のいずれか
※人事ローテーションによっては海外事業部門、再生可能エネルギー事業部門、コーポレート部門、技術開発部門に従事していただくことがあります。
職務内容 各部門における排ガス処理・排水処理、水質管理、放射管理等を中心とした環境対策設備の建設・運用・メンテナンス
石炭利用技術・環境対策技術等の開発・調査業務
望ましい履修科目 化学工学全般(化学工学、工業化学、応用化学等)
原子力職
配属部門 原子力発電部門
※人事ローテーションによっては海外事業部門、再生可能エネルギー事業部門、コーポレート部門、技術開発部門に従事していただくことがあります。
職務内容 原子力発電部門における設計・建設・運用・メンテナンス
主に炉心設計、原子燃料設計、安全評価、炉心管理等に関する業務を担当
望ましい履修科目 原子力工学全般(原子炉工学、熱力学、材料工学等)
土木職
配属部門 水力発電・変電部門、火力発電部門、原子力発電部門、海外事業部門、再生可能エネルギー事業部門、コーポレート部門、技術開発部門
職務内容 各部門における計画・設計・施工監理・メンテナンス・コンサルティング・エンジニアリングサービス、技術調査・研究業務など
望ましい履修科目 土木工学全般
建築職
配属部門 水力発電・変電部門、火力発電部門、原子力発電部門、海外事業部門、再生可能エネルギー事業部門、コーポレート部門、技術開発部門
職務内容 各部門における計画・設計・施工監理・メンテナンス・コンサルティング・エンジニアリングサービス、技術調査・研究業務など
望ましい履修科目 建築工学全般
地質職
配属部門 水力発電・変電部門、火力発電部門(地熱発電を含む)、原子力発電部門、海外事業部門、再生可能エネルギー事業部門、コーポレート部門、技術開発部門
職務内容 各部門における計画・設計・施工監理・メンテナンス・コンサルティング・エンジニアリングサービス、技術調査・研究業務など
望ましい履修科目 地質学、資源工学、岩盤工学全般

RECRUIT