響灘洋上風力発電事業に係るSPC(特別目的会社)の設立について
平成29年4月17日
九電みらいエナジー株式会社
電源開発株式会社
株式会社北拓
西部ガス株式会社
株式会社九電工

九電みらいエナジー株式会社、電源開発株式会社、株式会社北拓、西部ガス株式会社及び株式会社九電工からなるコンソーシアム(以下、「本コンソーシアム」)は、北九州市が実施した「響灘洋上風力発電施設の設置・運営事業者」の公募において、本年2月に占用予定者(優先交渉者)として選定されました(平成29年2月15日お知らせ済み)。

本日、本コンソーシアムは、響灘における洋上風力発電の事業化に向けて、SPC(特別目的会社)である「ひびきウインドエナジー株式会社」(以下、「ひびきウインドエナジー」)を設立しますのでお知らせいたします。なお、ひびきウインドエナジーでは、事業の実現にあたり、まずは風況観測や海域調査等の各種調査を実施することとしております。

ひびきウインドエナジーは、響灘での洋上風力発電事業の実現に向け、北九州市及び地域の方々のご理解とご協力を頂きながら、事業を実施して参ります。

【ひびきウインドエナジーの概要】
名称 ひびきウインドエナジー株式会社
所在地 北九州市若松区
代表者 代表取締役 穐山 泰治(あきやま やすじ)
※九電みらいエナジー(株)代表取締役社長
事業内容 洋上風力による発電及び電力販売に係る調査事業
資本金 3億円
資本準備金 3億円
設立日 平成29年4月17日
出資比率 九電みらいエナジー株式会社30%、電源開発株式会社40%、株式会社北拓10%、西部ガス株式会社10%、株式会社九電工10%

【スケジュール(予定)】
平成29年~平成33年3月  風況・海域・地盤等の調査、環境影響評価、発電施設の基本設計等

以上

【添付書類】