ニュースリリース

2016年

ニュースリリース

橘湾火力発電所2号機の運転再開について

平成28年1月3日
電源開発株式会社

当社 橘湾火力発電所2号機(所在地:徳島県阿南市、定格出力:105万kW)は、定格出力運転中に、主蒸気管よりリークに伴うドレン(水滴)滴下が継続したことから、12月26日(土)から発電を停止しておりました(同日お知らせ済)。

その後、主蒸気管及びその周辺の点検を実施した結果、タービン外部車室※1上部の温度計取付座溶接部からの蒸気リークを確認したことから、溶接部の補修及び類似箇所の点検を行い、1月2日(土)午後3時に運転を再開いたしました。

当社は今後も設備の保守管理に万全を期すとともに、発電所の安定運転に努めてまいります。

※1:車室: タービン翼を覆い、流入した蒸気を包み込む部屋。タービンを回転させるための
        蒸気が流れ込む内部車室と、内部車室から排気された蒸気を内包する外部車
        室がある。

以上

添付書類

本文(PDF:9KB)

Page Top
CLOSE