ニュースリリース

2010年

ニュースリリース

竹原火力発電所新1号機(設備更新)計画の 環境影響評価実施に向けた準備開始について

平成22年08月02日
電源開発株式会社

Jパワー(電源開発株式会社、社長:北村雅良)は、竹原火力発電所(広島県竹原市)1号機(出力25万kW)および2号機(出力35万kW)を新1号機(出力60万kW)に設備更新することを計画し、環境影響評価(アセスメント)実施に向けた準備を開始いたします。

  1. 竹原火力発電所の現況および計画の背景について
    竹原火力発電所では現在、1号機・2号機・3号機の計130万kWが運転中です。このうち1号機は1967年(昭和42年)7月の営業運転開始以来すでに43年以上、2号機も1974年(昭和49年)6月の営業運転開始以来36年以上が経過しており、高経年化への対応が必要となっております。加えて、地球温暖化問題へ積極的に対応を行っていく観点から、設備更新を計画するものです。
  2. 竹原火力発電所新1号機(設備更新)計画について
    本計画は、既設1・2号機の運転を継続しながら、2020年(平成32年)を目途に、既設1・2号機合計と同じ出力規模となる60万kWの石炭火力発電設備への設備更新を図るものです。最新設備の導入により、硫黄酸化物(SOx)・窒素酸化物(NOx)等の環境負荷を低減するとともに、エネルギー利用効率を向上し、低炭素化を図ります。
  3. 今後の進め方について
    今後は、本計画の環境への影響を評価するための調査・予測・評価方法を取りまとめた環境影響評価方法書の届出(年内予定)に向けて準備を進めてまいります。

<竹原火力発電所新1号機(設備更新)計画の概要>

所在地 広島県竹原市忠海長浜
出力 60万kW
発電方式 汽力
燃料 石炭(海外炭)
着工 2014年(平成26年)予定
運転開始 2020年(平成32年)予定

以上

添付書類

本文(PDF 118KB)

Page Top
CLOSE