ニュースリリース

2010年

ニュースリリース

革新的CO2回収型石炭ガス化技術開発の実施について
〜国内初:石炭ガス化プロセスからの物理吸収法を試験〜
〜世界初:物理吸収法と化学吸収法の2つの試験装置を保有〜

平成22年06月18日
電源開発株式会社

J-POWER (電源開発株式会社、社長:北村雅良) は、若松研究所 (北九州市) に設置されているEAGLE (Coal Energy Application for Gas, Liquid and Electricity) パイロット試験設備を活用し、国内初となる石炭ガス化プロセスからの物理吸収法を用いたCO2分離回収試験を中心とする革新的CO2回収型石炭ガス化技術開発を開始いたします。本事業は (独) 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) との共同研究事業として実施するものです。

EAGLEパイロット試験設備
EAGLEパイロット試験設備

本物理吸収法は、次世代IGCC (1,500℃超級ガスタービン) を想定した高圧プロセス向けのCO2分離回収技術であり、発電プラントへの適用可能性やエネルギーロスの低減を目標にシステムの検証を行います。EAGLEパイロット試験設備では、従来の1,300℃級ガスタービンの低〜中圧プロセス向けの化学吸収法を用いたCO2分離回収試験の実績があり、今回、物理吸収法によるCO2分離回収試験を実施することにより、現状技術から将来を見据えたIGCCに適用できるCO2分離回収技術の最適化を目指します。

世界でも物理吸収法と化学吸収法の2つのタイプのCO2分離回収試験装置を有するのは、EAGLEパイロット試験設備のみとなり、それぞれの特性を比較検討しながら研究開発を進めていきます。

本研究開発は、平成22年度から平成25年度までの4ヵ年の計画で、機器を製作・据付し、実証試験を実施する計画です。

[CO2分離回収装置 (物理吸収法) 仕様]

  • 処理ガス量:1,000m3N/h
  • CO2回収率:約90% (炭素基準)
  • 回収CO2純度:98%以上

以上

添付書類

本文(PDF 126KB)

Page Top
CLOSE