ニュースリリース

2010年

ニュースリリース

体験型エネルギー環境学習プログラム『エコ×エネ(えこえね)体験ツアー2010』を開催 〜今年度より新たにトヨタ白川郷自然學校と御母衣ツアーも実施〜

平成22年05月17日
電源開発株式会社

Jパワー(電源開発株式会社 社長:北村雅良(きたむらまさよし))は、今年度も社会貢献活動の一環として、以下の通り「エコ×エネ(えこえねと読みます)体験ツアー」を開催いたします。

  1. エコ×エネ体験ツアー@奥只見(おくただみ)小学生親子編 〜身近な秘境・奥只見「自然と電気」体験学習ツアー〜
    小学校高学年(4年生〜6年生)親子ペアを対象とした1泊2日のツアー([1]8/3-4,[2]8/5-6)
  2. エコ×エネ体験ツアー@奥只見(おくただみ)大学生編 〜暮らしを支える森と水力発電所〜
    大学生等を対象とした2泊3日のツアー(9/7-9)
  3. エコ×エネ体験ツアー@御母衣(みぼろ)小学生親子編 〜白川郷と荘川桜から学ぶ「自然と電気」体験学習ツアー〜
    小学校高学年(4年生〜6年生)親子ペアを対象とした1泊2日のツアー([1]8/24-25,[2]8/26-27)

※所在地:奥只見発電所⇒新潟県と福島県の県境にある福島県南会津郡桧枝岐村、御母衣発電所⇒岐阜県大野郡白川村

エコ×エネ(えこえね)体験ツアー2010

本ツアーでは、環境教育の専門家と協働で、自然と電気を"見て×触れて×考えて"楽しみながら学ぶ体験学習プログラムに参加いただきます。(1)及び(2)の奥只見ツアーは財団法人キープ協会と、(3)の御母衣ツアーはトヨタ白川郷自然學校と協働で実施します(御母衣ツアーは今年度から新たに実施)。
本日(5/17)よりJパワーのホームページ上で、小学校高学年(4〜6年生)とその保護者のペアと、大学生等を対象に参加者を募集します

  1. エコ×エネ体験ツアー開催の目的
    人々の心豊かな暮らしは、エネルギーと自然環境に支えられています。限りあるエネルギー資源と自然の恵みを有効に活用し、社会が持続可能な発展を遂げていくためには、エネルギーと自然環境を相反する存在ではなく"つながり"として捉え、どちらも大切にする心と技術を育てることが必要です。
    Jパワーグループでは、社会貢献活動の一貫として「J-POWERエコ×エネ体験プロジェクト」に取り組んでおり、持続可能な社会をめざす方々との協働により「エコ×エネ体験ツアー」を開催しています。
  2. これまでの活動経緯
    平成18年度より財団法人キープ協会と協働で、体験型エネルギー環境学習プログラム構築の取り組みを開始、平成19年度より、広く一般の方々を対象としたプログラムの提供を開始しました。
    平成21年度は、小学生親子を対象としたツアーのプログラム(計74名参加)と、大学生を対象としたツアーのプログラム(16名参加)を実施しました(いずれも奥只見で実施)。

以上

添付書類

本文(PDF 138KB)

エコ×エネ体験ツアー@奥只見小学生親子編 募集要項(PDF 112KB)

エコ×エネ体験ツアー@奥只見大学生編 募集要項(PDF 106KB)

エコ×エネ体験ツアー@御母衣小学生親子編 募集要項(PDF 111KB)

J-POWERエコ×エネ体験プロジェクト紹介パンフレット(PDF 7.5MB)

Page Top
CLOSE