TOP > GLOBAL EDGE(グローバルエッジ)トップ > No.13(2008年4月発行)

最新号

バックナンバー
【2018年】
No.53(4月発行)
  No.52(1月発行)
【2017年】
  No.51(10月発行)
  No.50(7月発行)
  No.49(4月発行)
  No.48(1月発行)
【2016年】
  No.47(10月発行)
  No.46(7月発行)
  No.45(4月発行)
  No.44(1月発行)
【2015年】
  No.43(10月発行)
  No.42(7月発行)
  No.41(4月発行)
  No.40(1月発行)
【2014年】
  No.39(10月発行)
  No.38(7月発行)
  No.37(4月発行)
  No.36(1月発行)
【2013年】
  No.35(10月発行)
  No.34(7月発行)
  No.33(4月発行)
  No.32(1月発行)
【2012年】
  No.31(10月発行)
  No.30(7月発行)
  No.29(4月発行)
  No.28(1月発行)
【2011年】
  No.27(10月発行)
  No.26(8月発行)
  No.25(5月発行)
  No.24(1月発行)
  特別版(1月発行)
【2010年】
  No.23(10月発行)
  No.22(7月発行)
  No.21(4月発行)
  No.20(1月発行)
【2009年】
  No.19(10月発行)
  No.18(7月発行)
  No.17(4月発行)
  No.16(1月発行)
【2008年】
  No.15(10月発行)
  No.14(7月発行)
  No.13(4月発行)
  No.12(1月発行)
【2007年】
  No.11(10月発行)
  No.10(7月発行)
  No.09(4月発行)

No.13(2008年4月発行)表紙
(c)鯰江光二

プレビューで見る
容量が軽く閲覧に適しています
 
PDFで読む
印刷に適した形式です
【No.13】(2008年4月15日発行)
特集:知の継承
経験したものだけが持っている「知」。それを次の世代に伝えていく方法のひとつにマニュアルがあります。しかし、マニュアルでは伝わらないもの、実際にやってみることでしか伝わらないものが確実にあります。それがビジネスにとっても文化にとっても、非常に大切だということが次第に認識されるようになってきました。知の継承……この普遍的なテーマの現代的意味について検証してみます。
 特集
「知の継承」
 Keyman's Talk
“知の継承”が生み出す新しい価値 高木晴夫×白石真澄
 OPINION FILE
「良い現場所長」を育てる 小澤一雅
ホワイトカラーにおける暗黙知とその継承 楠見孝
バーチャルリアリティ技術を用いたものづくり基盤技術・技能の伝承と人材育成 綿貫啓一
 WORLD ECO TOPICS
ハンガリーのエネルギー事情と日本・ハンガリー協力によるバイオマス発電プロジェクト ゾルタン・ロンタイ
 中上紀のここが知りたい物語
徳島 天空と果て無き海と 中上紀
 NEW AGE VIEW
フルート奏者 滝沢ミナコ
 匠の伝承
最先端技術に宿る匠の心
 十七音の風景
大高 翔
 J-POWER Information
No.13(2008年4月発行)
目次
2
拡大表示
Keyman's Talk
3
拡大表示
Keyman's Talk
4
拡大表示
Keyman's Talk
5
拡大表示
OPINION FILE
6
拡大表示
OPINION FILE
7
拡大表示
OPINION FILE
8
拡大表示
WORLD ECO TOPICS
9
拡大表示
中上紀のここが知りたい物語
10
拡大表示
中上紀のここが知りたい物語
11
拡大表示
中上紀のここが知りたい物語
12
拡大表示
NEW AGE VIEW
13
拡大表示
匠の伝承
14
拡大表示
匠の伝承
15
拡大表示
十七音の風景/J-POWER Information
16
拡大表示