Top > 知って安心電磁界 > 電磁界って何?

知って安心電磁界

電磁界って何?

電界と磁界をあわせて電磁界といいます。電気のまわりには必ずあるもので、けっこう身近なものです。

電気があるところ、そのまわりには必ず電磁界があります。電圧のかかるもののまわりには電界が発生し、電流の流れるもののまわりや磁石のまわりには磁界が発生します。この「電界」と「磁界」を合わせて「電磁界」と呼んでいます。
私たちが毎日使っているテレビや掃除機など、身のまわりにも「電磁界」はあるもので、結構身近なものです。

なお、電流や時期の方向や強さが時間的に変化する(交流)と電界と磁界は互いに影響しあうようになり、波のように遠くへ伝わっていきます。この波のことを電磁波といいます。
家電製品や送電線から発生する50/60Hzの商用周波電磁波は、一つの波の長さが5,000km~6,000kmにも及び波としての性質は無視できるため、「電磁界」と呼ばれています。
本ウェブサイトでは、主に商用周波電磁界について紹介しているので、「電磁界」を使用しています。

電磁界の大きさ・単位

電界 磁界
大きさ
電圧の大きさと、電圧のかかっているものからの距離で決まります。距離が離れると、その大きさは急速に小さくなります。
単位
電界の大きさは、kV/m(キロボルト/メートル)という単位で表します。
大きさ
電流の大きさと、電流が流れているものからの距離で決まります。距離が離れるとその大きさは急速に小さくなります。
単位
磁界の大きさは、T(テスラ)やG(ガウス)という単位で表します。[1T=10,000G]

具体的な現象

目には見えないけれど、はたらきは私たちの生活の中でも観察できます。

小学生のころの理科の時間を思い出してみてください。下敷きをこすってあたまにかざすと髪の毛が逆立ちます。このような現象は静電気によって生ずる電界によるものです。
また、磁石のまわりに砂鉄をまくときれいな縞模様が表れます。このような力は、磁石によって生ずる磁界によるものです。