佐久間ダム完成から60年
佐久間ダム完成から60年
歴史 技術力結集し、わずか3年で完成
急増する電力需要に応えるため、これまで開発困難と言われた天竜峡谷で、佐久間ダム・発電所の建設工事が始まったのは1953年(昭和28年)。技術力を結集し、わずか3年という短期間で佐久間ダムは完成、佐久間発電所は運転を開始しました。
当時は、貯水池式発電所として日本一の大きさを誇り、発電出力規模・年間発生電力量は全国(9電力会社)の発電設備並びに発生電力量のそれぞれ約3%にも達するほどでした。
12345
6789101112
役割 東西どちらの周波数も発電可能
発生した電力は、同じく1956年に運開したJ-POWERの超高圧送電線、佐久間東幹線と佐久間西幹線により、関東圏・中京圏へ供給しています。また、佐久間ダムで蓄えられた水は愛知県と静岡県のかんがい、工業用水、上水道にも利用されています。
また、日本の周波数は、東日本が50Hz、西日本が60Hzに分かれていますが、佐久間発電所の発電機は、4台すべてが50Hzと60Hzのどちらも発電できるようになっています。

佐久間ダム
対談 日本の土木技術の金字塔 ダム愛好家・夜雀さんが語る佐久間ダム愛
ダム愛好家(ダムマニア)として著名な夜雀様に、佐久間ダムについて語っていただきました。

ダムの魅力を語る夜雀氏
ダムの魅力を語る夜雀氏
本日は、遠方からお越しいただき、ありがとうございます。

こちらこそ、ダムをご案内いただき、ありがとうございました。改めて、還暦おめでとうございます。全国のダム仲間も還暦の佐久間ダムに注目しています。
佐久間ダムと言えば、映画「佐久間ダム」が有名ですが、そこに登場するものが見られるというのは非常に貴重なことですよね。映画「佐久間ダム」や実際の佐久間ダムを見て、土木技術者を目指そうと思った人は、日本中に非常にたくさんいるのではないかと思います。佐久間ダムは、多くの電力を生み出すだけでなく、技術者を生み出す心意気みたいなものを、日本中に広めてくれたのではないでしょうか。

夜雀さんご自身と佐久間ダムの思い出や好きなポイントはありますか。

日本でいわゆるダムマニアが、ホームページを持ち始めたのが2000年-2002年頃だったと思います。この第一世代とも言えるメンバーが初めて、お互いに会うために集まった場所が、実はここ、佐久間ダムだったんです。ですので、そのメンバーの心の中で、佐久間は別格なのではないかと思います。
私が好きなダムは、背が高い重力式コンクリートダムです。そして、天竜川水系には、佐久間ダム以外にも、秋葉ダムや船明ダムがあります。これらの魅力は、そびえるローラーゲート、「貯めるぜ!」といわんばかりの気合の入った姿、そして本川にあること……。中でも、「本川にある電力のダムたるやこうあるべき」というお手本を見せてくれているのが、佐久間ダムなんだと思います。ですから、奥只見ダム(新潟県・福島県)を見た時、私は「おとなしいな」と思いました。佐久間ダムよりも背は高いですが、「弟さん」という印象を受けました。佐久間は「お兄ちゃん」というところでしょうか。全然違いますよね。私にとってのダムの基準は、実は佐久間ダムなんです。

全国のダムをめぐる中ででしょうか。

はい。一般の方におすすめするダムとして、私は佐久間ダムを推しています。なぜなら、誰でも見に行けるダムだから。これは非常に重要なことです。すごいダムでも見に行けなければ意味がありません。佐久間は一年を通し、誰でもあのかっこいい姿を見に行くことができます。

ありがとうございます。

さらに、佐久間ダムは知名度も高いと思います。ダムの関係者の方とお話する際、「『天竜川の王様 佐久間』以上のダムがありますか」と言うと、同意していただけますから。万一、相手の反応が芳しくなかった場合は、「日本の土木技術の金字塔 佐久間ダム」の素晴らしさを語ります(笑)。佐久間ダム、大好きですので。

本当にありがとうございます。当社では、より多くの方に佐久間ダムがある佐久間町に足を運んでもらいたいという思いから、今年は佐久間町内で行われるイベントで配布する60周年記念カードを制作しました。

(カードの図案を見て)真ん中のちゃんちゃんこを着ている写真がとても素敵です。建設中の写真もありますね。遠方から来られる方は、佐久間ダムを「見たい」と思って来られる方なので、誤解を恐れずに言えば、特に何か施策を打つ必要はないのかもしれません。逆に、流域の方に来ていただき、「みなさんのために頑張っているダムなんだよ」というのを知っていただくため、カードというのは有効な手段かもしれませんね。私もぜひ欲しいです。

ぜひもう一度、佐久間へお越しください。それでは、最後に佐久間ダムへ応援のメッセージをいただけますか。

“noblesse oblige”という言葉があります。「高貴な者が果たすべき責任」、と私はとらえていますが、まさにこれを果たすべきなのが佐久間ダムではないでしょうか。「天竜川の王様」だからこそ、率先して課題に取り組み、他のダムの先駆けとなることが佐久間ダムに求められているのではないでしょうか。佐久間ダムは、近代土木技術の金字塔です。これからも、日本のダムの王様として、数々の礎を築いていくことを期待しています。

本日はありがとうございました。

夜雀さん夜雀- yosuzume -
全国のダムを巡るダム愛好家。ダムの構造や操作に関する勉強もしており、国際会議やイベントでの講演なども行う。
雀の社会科見学帖 管理人
http://yosuzumex.daa.jp/
記念 佐久間ダム60周年記念特別カード(仮)を配布します
スペシャルカード
J-POWERでは、佐久間ダム完成60周年を記念し、「佐久間ダム60周年記念特別カード」を、発行いたします。
まずは、今後予定されている佐久間町での下記イベントにお越しください。


  • 「佐久間新そばまつり」:2017年1月21日(土)、22日(日) 佐久間協働センター駐車場にて
  • 終了「佐久間ダム竜神祭り」:2016年10月30日(日) 佐久間ダム広場にて
  • 終了「2016フェスタさくま」:2016年11月13日(日) 佐久間協働センター駐車場にて
  • 終了「北遠美味C級グルメ大会2016」:2016年11月27日(日) 佐久間協働センター駐車場にて


※各イベント会場にお越しいただいた方、お一人様一枚とさせていただきます。
※カードは十分ご用意しておりますが、なくなり次第終了となりますので、ご了承ください。

詳細は下記までお問い合わせください。
佐久間電力所 電話:053-965-0071 (平日 8:30~17:00にお願いいたします)