エンジニアリングテクノロジー
エポコールR

「エポコール」は電源開発株式会社の登録商標です。


排煙に含まれるダイオキシン類の除去におすすめの有害物質処理剤。活性コークスを原料とするため、とても経済的です。
排煙中のダイオキシン類除去に
環境問題への意識の高まりにつれて、ごみ焼却施設等からの排煙に含まれるダイオキシン類には、その除去に厳しい目が向けられています。これまでは活性炭粉を排煙中に噴霧する処理が行われていましたが、設備投資や除去剤が高価で負担の重いことが課題となっていました。
こうした問題を解決するのが、電源開発のダイオキシン類除去剤「エポコール」です。
活性炭粉と同等の効果を発揮
「エポコール」は、石炭火力発電所の乾式排煙処理装置から発生する活性コークス粉の再利用によって生まれました。
活性コークス粉がダイオキシン類に対し高い吸着性能を持っており、当社ではその利用の可能性を研究。その結果、活性コークス粉の選別、粒度調整を行い、粒径を一定の大きさにそろえることで、市販の活性炭粉と同等のダイオキシン除去性能を発揮することを突き止めました。実際に自治体のごみ焼却施設での使用実績もあり、良好な成果をあげています。※
非常に経済的であり、ダイオキシン類除去処理のコストダウンに、ぜひご利用ください。

  • 市販活性炭粉と同等の性能を発揮
  • リサイクル製品としてのCO2削減効果
  • 再生活性コークス粉なので経済的
  • 既存の活性炭粉末吹き込み装置をそのまま使用可能
  • 飛灰処理も従来同様で可
※使用実績詳細については、下記までご連絡下さい。