エンジニアリングテクノロジー

環境・リサイクル

RDF発電

新エネルギーによるゴミ問題解決のご提案

日本におけるエネルギーセキュリティの確保ならびにCO2排出抑制等の問題から、新エネルギーの開発は大きな課題となっています。その中でRDF(Refuse Derived Fuel)発電は非常に有力なシステムであり、緊迫化するゴミ処理問題への有効対策としても期待されています。当社ではこのRDF発電について新事業の柱として積極的に推進しており、既に福岡県内の家庭ゴミを対象とする大牟田リサイクル発電株式会社を設立しています。この実績をもとに、ゴミ問題にお困りの全国の自治体に向けて、その解決のお手伝いをしてまいります。

お問合わせはこちら

バイオソリッド発電

下水汚泥を新エネルギーに有効活用

石炭火力発電所におけるCO2排出量削減は、地球温暖化防止対策上の課題となっています。その有効な対策の一つが、下水汚泥と廃食用油で製造したバイオソリッド燃料を、発酵や燃料化により電力や熱エネルギーとして活用することです。既に国内最初の事例としてその混焼実機試験を行っています。併せて動植物に由来するバイオマス資源についても、その混焼の技術に取組んでいます。 下水汚泥の有効利用をお考えの自治体は、ぜひご相談ください。

お問合わせはこちら

Page Top
CLOSE